上大岡・弘明寺周辺で「膝痛」でお困りの方へ

上大岡膝痛治療

あなたはこんな症状でお困りではないですか?

弘明寺膝痛

[check] 整形外科で「変形性膝関節症」と診断された

[check] レントゲンを撮って軟骨がすり減っていると言われた

[check] 膝にヒアルロン酸注射をしても痛みが引かない

[check] リハビリで電気をかけたり筋トレをしても良くならない

[check] 毎日膝にシップをしたり、痛み止めを飲んでいるが効果がない

[check] 階段の上り下りで膝に体重がかかると痛い

[check] 長時間歩いていると膝の内側がだんだんと痛くなる

[check] しゃがむことが無理なので正座ができない 

[check] ずっと座った姿勢から立ち上がる時に膝が痛む

[check] ウォーキングやランニング中に膝周りに違和感が出る



あなたは「膝痛」のとき、どこに行きますか?


上大岡整形

長時間歩きすぎたり、普段しないようなことをした後に出る、ちょっとした急な膝痛なら、勝手に治ってしまうことも多いので、どこも行かない方も多いと思いますが、ズキズキして腫れていたり、歩くときにびっこをひく程に痛みが強い場合は、近くの整形外科に行かれるのではないでしょうか?

上大岡石渡治療院に来院される患者さんの8割の方々もまずは、整形外科に行かれてから当院に来院されます。

こんな研究データがあります。

東京大学医学部の研究によれば、日本においてレントゲン上で膝の変形があり「変形性膝関節症」と診断される方が推定2400万人いるとのことです。

 
研究報告によると、『40歳以上ですと2人に1人』が膝の関節が曲がった変形があります。

しかし、変形があるから必ず痛みが出るかというとそうとも言えません。

痛みがある変形性膝関節症は推定820万人とのことです。

レントゲン上で変形がある人は2400万人ですから、変形があっても痛みがない人が3分の2いるということになります。


つまり・・・

院長

あなたが病院の先生に「膝の関節が変形してしまっているから痛い」と説明を受けていても、膝の変形が痛みの原因とは限らないということなのです。



整形外科では「膝痛」に対してどんなアプローチをするのでしょうか?


上大岡膝痛

もしあなたが膝が痛くて整形外科に行った場合、まずは問診をしてから、レントゲンを撮ります。

整形外科での痛み治療の基準は「目に見える異常」ですので、写真のなかに、構造上の異常が見つかれば、それが痛みの原因として説明を受けることでしょう。

代表的なもので言えば・・・

■半月板がすり減っているので痛い
■軟骨がすり減っているので痛い
■骨が変形しているので痛い
■O脚がひどいので痛い
■膝に水が溜まっているので痛い

と言われ、「変形性膝関節症」と診断されることでしょう。

レントゲンで構造的な異常が見つからなければ、痛みがあってても原因が分からず、「様子を見ましょう」で痛み止めと湿布を渡されて終わりかもしれません。

弘明寺膝痛


通院している病院の先生に「こんな質問」をしてみてください!!


問診

[check]『変形が原因なのに日によって痛みの強さが違うのはなぜですか?』

日によって骨の変形が治ったり、またすぐ変形するのでしょうか?



[check]『両膝に変形があるのに、なんで片方しか痛くないのですか?』

両膝に変形があるのならば、両方痛くなるはずなのではないでしょうか?



[check]『手術をして人工膝関節を入れたのになぜまだ痛いのですか?』

人工関節を入れたので、レントゲン上では構造異常が無くなったはずですが・・・・



いままでの整形外科での膝治療では、こういった矛盾を説明できないのです。


骨の専門家

簡単に言えば、整形外科の先生は「骨の専門家」なんです。

ですから、骨折などの骨の痛みに関しては得意分野ですが、多くの方々が悩まれている「膝痛」は改善率が低いのです。

なぜなら、ほとんどの膝痛の原因は「」や「軟骨」「変形」が痛みの原因ではないからです。

私は整形外科勤務の際、マッサージ師としてドクターの指示のもと膝痛患者さんのケアもしておりました。

その際、膝痛患者さんの身体を診させていただくと、みなさん「太ももの前面の筋肉」や「膝周りの筋肉」、「ふくらはぎの筋肉」が硬く凝っているのです。

結論から言えば、殆どの膝痛の原因は「筋肉のこり」なのです。

大腿直筋内側広筋ハムスト

先ほど、病院での痛みの診断はレントゲンによる「画像診断」と説明しましたが、レントゲンは「骨」は映りますが「筋肉」は映らないのです。

骨筋肉

ですので・・・


多くの整形外科ではこの「筋肉」が痛みの原因であるとは考えないのです。



ポイント説明

最近になり、ごく一部の整形外科医や麻酔科医は「今までの変形性膝関節症の治療戦略の問題点」に気づき、変形性膝関節症による痛みの原因は「筋肉のこり」であることが知られるようになりました。


健康雑誌1健康雑誌2健康雑誌3健康雑誌4健康雑誌5

テレビや健康雑誌にも特集として、「筋肉の痛み」が取り上げられいます。


上大岡石渡治療院での「膝痛」へのアプローチ


弘明寺マッサージ

さきほど説明したように変形性膝関節症による痛みの現場は「筋肉のこり」ですので、筋肉が柔らかくなれば、動作による痛みも軽減します。なので、軽い運動をしたり、ストレッチをしたり、ゆっくりお風呂に入れば、普通は数日で痛みも改善していくことも多いです。

私もマッサージ師として「変形性膝関節症」と診断された方々をマッサージしましたが、多くの方々が筋肉を柔らかくすることで膝の痛みが軽減していました。

しかし、マッサージを受けてもその時はラクになりますが、数日するとまたぶり返す。そしてまたマッサージの繰り返し。そんな患者さんもたくさんいらっしゃいました。

では、なぜ筋肉がまた硬くなってしまうのでしょうか?

疑問

それは「筋肉をコントロールしている神経系」が上手く働いていないからなのです。

神経系



人の身体は背骨から出ている神経の働きによってコントロールされています。

この神経の働きが上手くいかないと筋肉に上手く命令が伝わらず勝手に身体が緊張したり、逆に力が入りづらくなったりします。

また自律神経系が乱れると寝つきが悪くなったり、めまいや頭痛が起きたり、胃腸の具合も悪くなります。

ポイント院長

こういった神経の働きが上手くいっていない状態で整体やマッサージを受けても根本的な原因である「神経の働き」が改善されていないので元の状態に戻ってしまうのです。



こんな時は「アクティベータ・メソッド」が効果的です

出典 アクティベータネットワークジャパン(http://www.activator.gr.jp/


アクティベータ・メソッド

カイロプラクティックというと「ボキボキ」「バキバキ」と骨を鳴らす施術をイメージする方も多いかもしれませんが、アクティベータ・メソッドは強引に体を押したり捻ったりはしませんのでお子様からご年配の方まで痛みなく安心して受けて頂くことができます。

神経系の働きが低下すると、上手く電気信号が伝わらずに、筋肉が緊張したり、逆に力が入らなかったり、自律神経系のバランスが崩れたりします。

アクティベータ・メソッドの施術の目的は「筋肉をコントロールしている神経系の働きを改善すること」です。


このような神経の機能低下は、レントゲンなどには映りませんので、整形では目に見えない神経を改善させるという概念はありません。よって、神経系の働きを改善させる治療法もありません。


整形

[check]整形外科でヒアルロン酸注射をしても一向に良くならない

[check]リハビリで電気をかけたり、足上げ運動をしても治らない

[check]マッサージを受けてもその場かぎりですぐ痛くなる

[check]最終的には膝の手術を考えている



ポイント院長
こういった場合、根本的な原因である神経系の働きを改善させることで、「変形性膝関節症」と診断された膝の痛みでも改善することでしょう



上大岡石渡治療院では開業以来多くの「変形性膝関節症」の患者さんを施術してきました。

上大岡・弘明寺で「変形性膝関節症」でお困りの方で整体院・マッサージ院をお探しでしたら、まずは上大岡石渡治療院にご来院ください。

お客様の声

(見出し)ビフォーアフター-orange

効果

画像の説明

治療を受けて身体が軽くなったと思います。また身体の痛い部分が治療後には改善されているのが実感できます。筋膜リリースもして頂いて筋肉のこわばりもなくなって曲げ伸ばしもスムーズになったと思います。いつも治療していただきありがとうございます。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」

40代男性

頭痛と左肩甲骨の痛みがありホームページで見つけて来ました。初めて受ける治療で正直これで良くなるのか心配でしたが終わったら視界が広がって首・肩のつっぱり感がなくなり10年ぶりに楽に動かせるようになりビックリ!!治療前に色々な検査をしましたが、今まで自分では気がつかなかった関節の左右の違いや硬さが分かり、日常生活での悪いクセを自分でも直していこうと思いました。パチパチするだけで痛みが取れる治療法が気に入りました!今後も定期的なケアを先生にお願いしようと思います。


感想

約4か月前から腰からお尻にかけて痛みが続いたので、整形外科で診察を受けると坐骨神経痛と診断されました。そこで1か月電気治療とケン引治療を受けたのですが全く変わらなかったのでHPで見つけたこの治療院を受診しました。先生の説明も分かりやすく1度目の治療で腰が楽になりました。今回で3回目ですが以前に比べると痛みはだいぶ少なくなりました。これからも治療を続けていきたいと思います。


30代男性

仕事と趣味のスポーツでこれといった原因が分からないまま様々な対処療法でごまかしてきましたが、石渡先生に根本的な痛みの原因究明に時間をかけて診察していただき、的確な治療で劇的に痛みが無くなった事に驚きました。アクティベータは痛みもなく、体への負担もないので「これだけ?」という印象でしたが、効果はとても大きくスポーツでのパフォーマンスも向上しました。これからも定期的にメンテナンスに通いたいと思います。


画像の説明

急な腰痛で困って治療を受けました。とても丁寧に診て下さり、安心して受けることができました。治療前にあった痛みがほぼ無くなり力が入りにくかった筋肉も入りやすくなり動きやすくなりました。時々痛みが出る事があるので根本的に治すには定期的に受けないとダメですかね。。またよろしくお願い致します。


画像の説明

いつも重度の痛みの時にお世話になっています。1回の治療でもかなり身体が楽になりました。たまに定期的に通うと全く違いました!!なので時間を作って通っていければなと思っています。通い続けると、通い続けると通わなかった時の身体の重たさ・だるさが凄く分かるので少しこわくなります・・・治療中は何をされているのか不思議でしたけど、この治療と出会えて良かった!!


s_img112.png

20年近く腰痛で仕事にも影響がでていました。他の病院も色々電気・マッサージを受けましたがなかなか良い効果がでませんでした。今回初めてやって頂き腰が楽になり、肩も腕も上がるようになりました



喜びの声

痛みの軽減・リラックス出来るので大変助かっています。料金的にも施術的にもお手頃で有難いです。後予約がとり易いので嬉しいです



喜びの声2

何回か継続して受けたのですが、その都度痛みが軽減されました。慢性の肩こりや時々やって来る腰痛を予感させる腰辺りのどんよりした重みがすっかり無くなり、快適な状態です。身体は毎日使うもの。疲れや痛みの原因は毎日知らず知らずのうちに溜まっていく事を考えると痛くなってからより予防的に身体を調律するという感じで出来るだけ定期的に受けたいと思います。



喜びの感想

スキーの転倒による古傷の痛みが10年位続いていましたが、本日治療をして頂きまして体がとても軽くなりました。今まで色々な病院や治療院・マッサージなど受けてきましたが今回初めてパチパチをやって頂いて腕を上げるのも楽に上がるようになりましたし、痛みも軽減されて感激しております



画像の説明

急にぎっくり腰になってしまい、携帯で良さそうな治療院をさがしていた所、近所で良さそうな感じのHPを見つけてすぐに電話して受けることになりました。受診中はパチパチとする治療法で良くなるのか不安でしたが、ビックリする程良くなりました。又よろしくお願いします




料金

キャンペーン

ご予約の仕方

上大岡石渡治療院

ステップ1
045-721-1726にお電話ください

ステップ2
「予約をお願いします」とお伝えください。笑顔で対応いたします!


ステップ3
「ご希望の日」と「お名前」御連絡が取れる「お電話番号」をお伝えください。


わずか1分でご予約終了です。

メールでのお問い合わせが増えております

あなたのお困りの症状に対して「不安なこと」「わからないこと」など病院の先生にはなかなか聞けないようなことでもメール相談にて対応させていただいておりますので、些細なことでも構いませんので、ご来院前になにか相談したいことがありましたらお問い合わせフォームから「お困りのこと」を詳しくご記入の上メール送信してください。




元気



t:1 y:0